ロルフィング若葉のセッション内容疲れないランニングフォームにしたい

全身を使えるように

身体は前後・左右はもちろん上下や内外のバランスが取れることでより安定します。そして身体が安定すると軸をとらえやすく、身体感覚を得やすくなり、身体を伸ばしやすくなります。目で見えるバランスだけでなく、身体で感じるバランスも動きには重要です

自分の身体を知り、使い方の幅を広げる

つい力が入ってしまう、同じ所ばかりを使って痛みがある、もっと楽に動けるようになりたい、などの要望に筋膜の動きを滑らかにして動きの幅を広げ、無意識に行っているmovement(動き)のパターンに選択を増やして、意識や感覚で質の変わるパフォーマンスの幅を広げるきっかけを見つけることを重点に置いています

疲れないランニングフォームにしたい

ロルファー:岡部 勝己

毎日のジョギングを日課としているKさん

以前に捻挫したのがきっかけとなり、ランニングフォームが窮屈に感じるようになったようです。足首の不安を無くし、走ることによってかかる身体への負担を減らし、快適に走りたいと思いロルフィングを受けて頂く事になりました。

お客様の状態とセッション計画

左足首の機能低下による身体の捻じれが見られます。左足の不安を取り除き、力みを減らし、身体バランスを整えます。少し違った身体の使い方を習得する事で、負担の少ないランニングフォームを身に着けて欲しいと思います。

全身を使えるように

身体は前後・左右はもちろん上下や内外のバランスが取れることでより安定します。そして身体が安定すると軸をとらえやすく、身体感覚を得やすくなり、身体を伸ばしやすくなります。目で見えるバランスだけでなく、身体で感じるバランスも動きには重要です

自分の身体を知り、使い方の幅を広げる

つい力が入ってしまう、同じ所ばかりを使って痛みがある、もっと楽に動けるようになりたい、などの要望に筋膜の動きを滑らかにして動きの幅を広げ、無意識に行っているmovement(動き)のパターンに選択を増やして、意識や感覚で質の変わるパフォーマンスの幅を広げるきっかけを見つけることを重点に置いています

1身体の癖を知る上半身が解放された

お客様の状態

綺麗なフォームで走る事を意識し過ぎて、上半身に硬さが見られます。

セッション内容とお客様の感想

固まっている胸部の空間を広げるため、大胸筋の胸骨部を引きはがすように筋膜リリースしました。重心が下がって前傾姿勢にならないように、ムーブメントで肋骨間のスペースを広げたまま安定して走るイメージを持っていただきました。横隔膜に空間を持たせ、走行中の呼吸も深くなった様です。「上半身が解放された感じで、とても楽に前に進めます。」とコメントを頂戴しました。

2靴の中でも足指を意識し、足首と連動させる足首まで連動させる感覚を忘れない

お客様の状態

左足首の柔軟さが無くなっています。足が機能していない事により、身体バランスが崩れています。

セッション内容とお客様の感想

左足首中足骨と距骨の動きを良くするために、オステオパシーの誇張法テクニックを使用して関節可動域を広げました。ムーブメントで足裏全体を使用する感覚を習得する事で、足首全体の機能回復へと繋げていきました。踵からつま先までのスムーズな体重移動を探求しました。「足裏で地面をつかみ、靴の中でも足指を意識して、足首まで連動させる感覚を忘れない様にします。」とコメントを頂戴しました。

3肩甲骨を意識する楽に身体が前に動きます

お客様の状態

右肩が内側に入り込んでいる為、右上半身に捻じれが生じています。

セッション内容とお客様の感想

ムーブメントで右肘と肩甲骨を連動させるイメージを持つことで、自然に右胸を開いていく状態を体感し、身体に馴染ませていきました。肩関節の付着部に癒着している筋群をリリースし腕が軽くなる様にしました。力みが無くなり、腕を自然な形で触れる様になりました。「肩甲骨を意識して腕を振る事で、楽に身体が前に動きます。」とコメントを頂戴しました。

4骨盤が意識出来る様に、脚に体重をかける骨盤が意識出来ます

お客様の状態

左足全体の動きが悪いので骨盤が固まっています。

セッション内容とお客様の感想

足首と膝周囲の筋膜リリースをした後で、左右の足両方にしっかりと重心が載る様に、ムーブメントで骨盤から大腿部と下腿部への繋がりを意識して頂きました。つま先にも体重をかけるという感覚をつかむ事で、左足の機能が生きて来るのを体感して頂きました。脚を使う事で骨盤の活性化に繋がりました。「左足を上手に使おうと頭だけで考えていた様です。体重をかけて、骨盤が意識出来ます。」とコメントを頂戴しました。

5身体前面を伸ばし柔らかくする上半身と下半身が繋がり、脚が前に出やすい

お客様の状態

お腹が硬いので、骨盤を境に上半身と下半身の繋がりが弱いようです。

セッション内容とお客様の感想

硬くなった腹筋群を筋膜リリースで緩める事で、固まっていた身体前面に柔らかさが生まれ、脚を前に出しやすくなりました。ムーブメントで腕振りと骨盤が連動して動くような走法を体感し、自然な形での走法を探求していきました。「上半身と下半身が繋がり、脚が前に出やすい。」とコメントを頂戴しました。

6仙骨を緩め股関節の動きを良くする骨盤が楽に動いている

お客様の状態

臀部が固まっているので、脚の自由さが失われています

セッション内容とお客様の感想

脚を真っ直ぐ楽に出せるように、仙骨周囲の筋群を筋膜リリースしました。脚を真っ直ぐ前に出し、真っ直ぐ後ろに蹴るという動作が楽に自然と出来る様に、骨盤を意識しながらムーブメントで探求していきました。以前より左足に体重がかかっても受け止めやすいように、固まっていた左大腿部周囲とアキレス腱周囲の筋膜をリリースしました。「足と骨盤が繋がって、骨盤が楽に動いている様です。」とコメントを頂戴しました。

7頭部を整え身体の軸を作る鼻腔が広がり、呼吸が楽に

お客様の状態

右の鼻腔がふさがっている為に、鼻呼吸が上手く出来ない様です

セッション内容とお客様の感想

バランスの総仕上げとして頭蓋仙骨療法で頭部を調整しました。顎の緊張を緩め、鼻腔の通りを良くして鼻呼吸を活性化させました。頭部のバランスを整え身体の軸が完成した事で、ムーブメントで身体の中心線を意識しながらの動きが備わりました。「鼻から息を吸うのが楽になりました。」とコメントを頂戴しました。

8膝を真っ直ぐ出す脚を確実に真っ直ぐ出す

お客様の状態

左足首に少し回旋癖があり、身体の捻じれを生じさせている様です

セッション内容とお客様の感想

左足にしっかりと体重がのる様に、ムーブメントで重心の位置を確認しながらの体重移動を繰り返し行いました。特に、親指を意識して動かし、内側に体重がのって身体の中心部までのラインが走りながらわかるようにしました。親指をしっかりと使う事で、脚が真っ直ぐに出て身体の捻じれが無くなりました。「親指を使うと、脚が確実に真っ直ぐ出るのがわかりました。」とコメントを頂戴しました。

9腕と肩の力をもっと抜く肩の力みがスッと無くなった

お客様の状態

腕の振りを意識して肩に無駄な力が入っていました

セッション内容とお客様の感想

ムーブメントで腕の重みを感じて前鋸筋を意識していただきました。力を入れて腕を振るのではなく、腕の重さが振り子のように肘に伝わる感覚を覚えて頂きました。肩甲骨周りの筋群をリリースし、上半身が安定したまま腕が振れる様になりました。「腕を上手に振る事を意識し過ぎていたみたいです。肩の力みがスッと無くなった様です。」とコメントを頂戴しました。

10上下と左右のブレを減らし前に進む身体が楽で、気持ち良く走れます

お客様の状態

バランスは整いました。あとは、身体の癖と状態をご自身で見極められるようにしていきます。

セッション内容とお客様の感想

左足を真直ぐ出して機能させることで、右肩の回旋癖が治る様に、身体の対角線の動きをムーブメントで学習しました。ロルフィングを通して備えた身体感覚を生かして、走りながら自己調整出来る様にムーブメントとランニングを交互に行い続けました。「身体が楽で、気持ち良く走れます。自分の身体を感じながら走り続けます。」とコメントを頂戴しました。

このセッションは、岡部 勝己が担当しました。